カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

おいしいお茶「静岡・川根茶」を生産者直送でお届けします。

新茶予約について

新茶を予約して “出来たてホヤホヤ” を楽しもう!

新茶
柔らか〜いお茶の新芽・・・おいしい新茶になりますよ


2016年(平成28年)産川根新茶ご予約について

【◎お待たせいたしました! “新茶予約” をしよう!】


新茶を予約して
“出来たてホヤホヤ” を楽しもう!「新茶の予約方法」!!

新茶の予約方法自体は、とってもカンタン

新茶予約の場合には、買い物かごで普段どおりにお買い物をしていただきます。
最後に
通信欄「新茶予約」
と書き入れていただければ結構です。
(メールでもお受けできます。その場合も
通信欄「新茶予約」とご記入ください

新茶発送日の予定です
銘柄 出荷予定期日
茶匠(たくみ)  5月初旬
名人づくり  5月初旬
初摘  5月初旬
春訪  5月中旬
里の詩  5月中旬
里の彩  5月下旬
  5月下旬
  5月下旬
やぶきた茶  5月末
上くき茶  5月末
くき茶  5月末
ほうじ茶  5月末
玉露  5月末



新茶は商品によって、出来上がる日が違います。
そのため、お届け日が異なります!

そこで〜…
「新茶のお届け」Q&A”!!


 Q1.2種類以上の新茶を注文した場合、発送日が違う新茶はいつ届くの?

A.発送日の一番遅い新茶にあわせて “まとめて” 発送いたします。

▽2種類の新茶をご予約いただいた場合のお届け例

 【例】     「名人づくり」     新茶発送日:5月初旬

                +

          「憩」         新茶発送日:5月下旬

                ▼

       「名人づくり」と「憩」をまとめて
       “5月下旬発送”でお送りいたします。




 Q2.2種類以上の新茶を、別々に送ってもらうにはどうすればいいの?

 A.お手数をお掛けいたしますが、それぞれの発送ごとに分けて
      複数回お申し込みください。


    Q1のように一度に複数の新茶を注文した場合、発送日一番遅い新茶に
    合わせて、まとめてのお届けになってしまいます。

    お手数をお掛けいたしますが、それぞれの発送ごとに分けて、複数回
    お申し込みください。

    なお、各発送 20000円(税込)未満のお届け品には、送料一部ご負担として
    送料 500円(税込)がかかります。

    ※一度にご注文していただいて、お届けを別にすることも可能ですが、画面上で自動的に送料が
      計算されないため、別途送料がかかってしまう場合がございます。あらかじめご了承ください。




 Q.新茶に切り替わる前のお茶を注文することはできないの?

 A.できます。

通信欄に何も書き入れないで送信ください

    また、新茶に切り替わった後は、すべて新茶の発送になります。




川根新茶について


『新茶』は、旬の時期だけの特別の風味を持っています!!

『新茶』とは、毎年5月上旬(八十八夜の頃)〜6月に摘み取られたばかりの新芽から作られる
“出来たてホヤホヤの緑茶” のことです。

いわゆる、お米の「新米」などと同じ、“旬の初モノ” なのですが、新茶が毎年注目
されるワケは、他の作物同様「新鮮な“旬”の美味しさ」があることはもちろん、なぜか一年で
この時期にしか楽しめない “新緑のように爽やかな味と香り” を持っているからです。

その風味はきっと、同じお茶でも普段飲まれているお茶とは違った美味しさを
感じさせてくれることでしょう。

また、この風味は、同じ茶葉から作られているのに、発酵させて作られるウーロン茶や紅茶
にはありません。

新緑のような新茶の味と香りは、摘みたての茶葉を新鮮なうちに加工し緑色をした、
“緑茶” でないと味わえないのです!

新茶の風味を、昔の人たちは「長寿の妙薬」と呼んで珍重したといいます。

毎年5月上旬〜本格的な夏までの間だけ “天の恵み” 日本伝統の味と香りの「川根茶」
たっぷりとご堪能ください!


ココがスゴイぞ!「“相藤園の新茶”」!!

昼と夜の温度較差が大きく、大井川の川霧で直射日光をさえぎられた山間地域「川根地方」
で栽培される“川根茶” は、九州などの他県産はもちろん、同じ静岡の他産地産に比べても、
新茶になるのが遅い…。

しかし、直射日光を浴びると茶葉が堅く成長して苦味が増し、味が落ちて
しまう茶葉にとって、冷涼な気象条件と茶樹に適した土壌を持つ川根地方は、
まさに、“天国のような場所”

それと園主が一年中、今の時期は何がほしいの?、どうしてほしいの?とお茶の樹と
対話しながら育て上げた
新茶です!

昔から「高級茶 屈指の名産地」と呼ばれる静岡・川根で栽培されたブランド “川根新茶”
が持つ、茶葉のやわらかさと、ドキドキしてしまうような、芳醇な新茶の香りが与えてくれる
満足感は、他産地産の新茶では決して味わえません!